品質について

品質について

Japan Color 2001に準拠

当社では、JapanColor2001(社団法人日本印刷学会監修)を印刷のターゲット基準として捉えています。
世界水準を視野に入れ、常に安定した印刷色再現をご提供させていただきます。

カラーマネージメントシステム導入

エンドユーザー指定の微妙な色合いが、納品時に指示通りの色に仕上がっていなくて
ビックリしたことはありませんか?
当社はカラーマネージメントシステム管理ツール「i1 Pudlish」を導入し、
印刷仕上がり時の色を把握できる制作環境を整えました。

高精細印刷

簡易的なクリーンルームを構築することにより、工場内の温度・湿度を一定にし、
印刷機メーカーのショールームと同環境を実現しました。
さらにCTPセッターに新技術を導入することで、従来のオフセットカラー印刷の標準線数AM175線を
大幅に超える280線で刷版出力することができるようになりました。
写真画質に迫る高精細印刷を実現し、同時に、モアレやロゼッタの問題も解消しています。

生産設備

さまざまな設備により、お客様の多様なニーズに対応していきます。

●プリプレス

MAC(G4&G5)…約10台
4/6全版CTPセッター(SCREEN)…1台
フィルムセッター(SC3REEN)…1台

●プレス

菊(A)全判4色機(DAIYA)…1台(CIP3対応)
菊(A)半4色機(DAIYA)…1台(CIP3対応)
菊(A)半2色機(SHINOHARA)…1台
菊(A)四裁2色機(HEIDELBERG)…1台
菊(A)四裁1色機(HASHIMOTO)…1台
ビジネスフォーム輪転機(TAIYO)…1台

●ポストプレス

断裁機(NAGAI)…2台
コレーター(TAIYO)…2台
カッター(MIYAKOSHI)…1台
折り機(SHOEI)…1台


データ入稿について

●一太郎やOffice系ソフトで作成した資料もそのままの形で高品質なオフセット印刷が可能です。
 制作したデータをご提供いただければ、低価格かつ短納期で印刷を承ります。

●出版社、デザイン会社様からのDTP完全データ入稿を大歓迎。
 Japan Color2001に準拠した印刷色標準化とカラーマネージメントシステムの導入により、
 色のトラブルを解消しました。

データ入稿受付メールは >> こちら

※ご注意
メールにてデータ入稿していただく場合は、下記の個人情報に関する同意文書(WEB)をご覧の上お願いいたします。
(メールをいただいた時点で、ご覧になっていただいたと判断させていただきます。

>> 個人情報に関する同意文書(WEB)へ